制度を知って失敗を防ぐ

Author: admin  |  Category: 失敗しないためのヒント

太陽光発電には補助金制度があります。
この制度をよく知らないと、導入に際して失敗することがあります。
太陽光発電の補助金は、国・都道府県・地区町村の3つに分かれています。
国の補助金に関しては、全国一律の金額となっています。
都道府県・市区町村に関しては、地域によって異なってくるので事前確認が必要です。
この2つに関しては、「なし」の地域も多いので注意が必要です。
補助金の金額は、地区によって大きく異なります。
9万円のところもあれば、90万円を超えるところもあります。
地区によって10倍以上の開きがあるのです。
一般的に財政が潤っている地域ほど、補助金も多くなる傾向があります。
補助金については、専門業者が熟知していない可能性があります。
「補助金の対象となる今がお得です」といった言葉につられて契約したのに、実際には「国の補助金」しか支給されないなど、契約後のトラブルが多発しています。
補助金は、市区町村ごとに異なるのが現状です。
同じ都道府県内でも、地域によって数倍の開きがあることは珍しくありません。
東京23区にしても、区が違うだけで補助金の総額は大きく異なるのです。
太陽光発電の業者選びでは、市区町村別に補助金制度を理解している業者を選択しましょう。
さまざまな地域で太陽光発電の設置を行っている業者もおりますから、業者が自宅を管轄する市区町村の補助金について知っているか確認しておきましょう。
「補助金」という言葉を多用する業者については、契約は避けたほうがいいでしょう。