冬の天候と太陽光発電

Author: admin  |  Category: 太陽光発電に適した気候

太陽光発電を成功させるためには、
冬の天候が大きなかかわりを持っているといわれています。
冬の天候が太陽光発電に適していますと、おおきな発電量が期待できるのです。
そもそも太陽光発電は気温が暖かければ発電をするというものでもありません。
冬でもしっかりと太陽が顔を出している地域でしたら、
発電を効率的に行っていけるのです。
ですので、冬にしっかりと発電ができる地域は太陽光発電は行うべきでもあるのです。
そこで注目していただきたいのが、熊本県です。
熊本県なのですが、実は冬というのはかなり寒い地域になっています。
いくつか標高の高い地域もありますので、
そういった部分もあるのですが、
関東地方などと比較しましても寒くなるようなことが多い地域です。
そうなりますと心配なのが雪です。
熊本県は雪が降らないわけではありません。
ふるようなこともあります。
しかし、それほど雪の量が多くありません。
積もったとしても一時的な程度ですので、
冬でありましてもそれほど天候的な問題はないのです。
そのようなところから熊本県は太陽光発電に向いている地域であるといえるのです。
冬の天候も安定していますので、
安定的な電力を作り出してくれると期待ができるからです。
前記したように寒い時もあるのですが、
それが太陽光発電を妨げるというようなこともありません。
しかも、雨のほとんどは梅雨の時期に集中します。
その他の季節はまさに太陽光発電を思いっきりしてくれるのです。