降雨量と太陽光発電

Author: admin  |  Category: 太陽光発電に適した気候

太陽光発電は、しっかりと発電をしたいのでしたら気候を見ていく必要があります。
太陽光発電にマッチングした気候があるのです。
その気候をしっかりと見ていきませんと、難しいこともあります。
例えば降雨量というものもあります。
雨が多い地域につきましては、
雲が多くありますし太陽光発電の結果があまりよろしくないこともあり得るかもしれません。
降雨量の多い地域で太陽光発電を行うのでしたら、
ある程度のリスクを承知で行っていくことも必要です。
全国的に降雨量の多い地域といいますと、いくつか存在をしています。
その一つに九州の熊本県があります。
夏場などは、台風などの影響を受けることも多いですので、
結果的に降雨量が多くなる傾向にあります。
その雨量につきましては2400ミリメートルといわれていまして、
やはり平均から見ましてもかなりの多さになっているということが理解可能です。
それだけ降雨量が多いとなりますと熊本県では太陽光発電が向かないのではないか、
というようなことも思ってしまいがちです。
しかし、決してそのようなこともありません。
日照時間も長いです。
その証拠に農作物のできなどもよいものが多いのです。
降雨量が多いけれども日照時間の長い地域になっているのか熊本県なのです。
これから熊本県で太陽光発電を導入するようなことがある場合には、
降雨量につきましてはそれほど心配はすることはありません。
梅雨の季節や夏場にもしも発電量が少なくなっても他の季節で取り戻せばいいのです。